お弁当作りの時短テク

はじめに

1日の始まりの朝は、どこの家庭も慌ただしいと思います。その忙しい時間帯に、お弁当を作るのは大変です。それでも、お子さんがいる家庭ではお弁当作りは必須でしょうし、健康のため、節約のため、職場にお弁当を持って行きたいという方も多いでしょう。お弁当作りはなるべく時間をかけずに、手際良くこなしたいですよね。お弁当作る時に役に立つ、時短テクニックをご紹介します。

お弁当作りの時短テク

常備菜を作っておく

常備菜を作り置きしておくと、夕飯や朝食だけでなく、お弁当作りにも役立つのでおすすめです。朝の忙しい時にお弁当のおかずを全てイチから作るのは、時間的にも大変です。常備菜があれば、栄養バランスや彩りの良いお弁当を、短時間で作ることが出来ますよ。お弁当にピッタリの、常備菜のレシピをご紹介します。

鶏もも肉のチャーシュー

保存が効くので、お弁当にピッタリです。ゆで卵を一緒に漬け込めば、味卵になります。お弁当に入れると、卵の彩りがきれいですよ。

鶏もも肉のチャーシュー【作りおき】
保存も効くしっとり鶏チャーシュー。タレは炊き込みごはん、チャーハン、お肉の照り焼き、味玉に、、うまみたっぷりです。

さつま芋のバター煮

ほんのり甘くて、お子さんにも喜ばれます。カップに入れて冷凍しておけば、お弁当の隙間を埋めるのにも役立ちます。

さつま芋のバター煮【冷凍・作り置き】
ほんのり甘くてバターが香る♪さつま芋の甘みをいかした優しい味。 冷凍も可能なので、小分け冷凍しておくと、お弁当のおかずにも。 さつま芋と調味料を煮るだけの、簡単レシピです。

ほうれん草と卵のうま塩ナムル

ほうれん草の緑と卵の黄色で、彩りがきれいです。ほうれん草はビタミン類や、ミネラル、鉄分が豊富で栄養価が高いので、積極的に摂りたいお野菜です。

ほうれん草と卵のうま塩ナムル【作り置き】
甘いほうれん草に、うま塩ダレが良くあいふんわりやさしい口当たりの炒り卵がポイント。春を感じるナムルです。 お弁当に入れると、とても華やかになり明るい印象に。

人参と粒マスタードのデリ風マリネ

彩りが良いので、お弁当がパッと明るくなります。お砂糖が入っていて酸味を抑えているので、小さなお子さんでも食べやすいです。

人参と粒マスタードのデリ風マリネ【作り置き】
酸味が優しい人参のマリネは、 彩りが良くお弁当に入れるとパッと明るくなり、サンドイッチに挟んでも美味しいよ♪ 少し甘めなので、酸味が苦手な方や子供さんにも食べやすいと思います。 人参を千切りにして、後は調味料と合わせ冷蔵庫でひと晩寝かせるだけ。

前日の夕飯作りで下準備

前日の夕飯作りの時に、お弁当の下準備も一緒に済ませておきましょう。野菜を切ったり、お肉に下味をつけておいたりするだけで、朝のお弁当作りがグッと楽になります

夕飯のおかずを多めに作っておく

夕飯を作る時におかずを多めに作っておくと、お弁当にも活用出来て便利です。ちょっと多かったかなという時も、無理して食べずにお弁当用に残しておくと役立ちますよ。加熱できるものは、お弁当箱に詰める前に再加熱しましょう。冷凍出来るものは、小分けにして冷凍しておきます。

小分けにして冷凍する

常備菜や多めに作った夕飯のおかずは、冷凍出来るものは小分けにして冷凍しておきましょう。お弁当用のカップに入れて冷凍すれば、そのままお弁当箱に詰めることが出来て便利です。

手順を書いておく

忙しい朝はバタバタして、お弁当に入れる予定だったものを入れ忘れたり、手順が悪くなったりしがちです。前もってメニューや手順を書いておくと、忙しい朝でも効率良くお弁当を作ることが出来ます。フライパン料理は汚れにくいものから先に作るなど、作る順番を書いておくと良いです。フライパンを何回も洗う手間が省けます。

電子レンジ、トースター、グリルを活用する

電子レンジやトースター、グリルは、セットしてあとは放っておけるので、忙しい朝は重宝します。どんどん活用しましょう。

保冷剤で冷ます

お弁当が傷むのを防ぐため、ご飯やおかずは冷ましてからフタをしましょう。でも忙しい朝は、冷めるまで待っていられないこともあります。そんな特は保冷剤を使いましょう。お弁当箱の下や、おかずの乗せたお皿の下に保冷剤を置けば、早く冷ますことが出来ます。

便利グッズを活用する

小さなお子さんには、お弁当箱を開けた時に喜んでもらえるような、かわいいお弁当を作ってあげたいですよね。でも朝は、なかなか時間をかけてもいられません。そんな時に便利なのが、お弁当用の便利グッズです。100円均一のお店にも、便利なグッズが揃っています。おにぎり型や型抜き、動物や花の形になるウインナーカッター、海苔の型抜きパンチなどがあって、手軽にお弁当作りを楽しむことが出来ます。