掃除を楽にする便利家電

はじめに

毎日の家事の負担を軽くするために、時短家電は欠かせません。今は共働き家庭が増えたこともあり、各メーカーから多種多様な時短家電が販売されています。お掃除も時短家電の力を借りれば、負担を減らすことが出来ます。そこで、掃除を楽にしてくれる便利な家電をリサーチしてみました。掃除の負担を減らすために、ぜひ活用してみてください。

掃除を楽にする時短家電

ロボット掃除機

掃除の時短家電の代表的なものといえば、ロボット掃除機ではないでしょうか。ロボット掃除機の人気は高く、「欲しい時短家電」の上位に入っています。家中に掃除機をかけるのは時間もかかって面倒ですから、床掃除はロボット掃除機に任せられれば、心身ともに楽になります。仕事などで忙しくても、出かけている間にロボット掃除機を使えば、帰ってきた時には床のホコリやチリはきれいに掃除されているというわけです。まさに憧れの時短家電ですね

ロボット掃除機としてよく知られているのは、アイロボット社のルンバですが、今では国内外のメーカーから様々な種類のロボット掃除機が出ています。値段も様々ですが、やはり高価なものの方が機能も充実していて、さらにバッテリーの寿命も長く、評判も良いようです。

ロボット掃除機の機能には、部屋の形状や汚れを感知するセンサーやタイマー機能、自動充電機能、スケジュール機能、進入禁止エリアの設定機能など、様々なものがあります。また部屋の隅のゴミをかき集めるために、サイドブラシがついたものもあります。

ロボット掃除機は値段も幅広く、機種によって機能も様々なので、選ぶのに迷ってしまいそうです。自分はどのような使い方をしたいのかを、よく考えることが大切です。お部屋の広さや形状はどうなのか、段差はあるのか、留守中に使いたいのか、ベッドやソファーの下などにも使いたいのか等々をよく考えて、それに適したロボット掃除機を選ぶと良いでしょう。

床拭きロボット

床がピカピカできれいだと、気持ちが良いものです。でもフローリングは掃除機をかけただけでは不十分で、やはり拭き掃除をしないときれいになりません。とはいえ床を拭いたり、ましてやワックスがけもとなると、ついつい面倒で後回しになってしまいます。そんな時は、床拭きロボットに任せてみるのも良いかもしれません。床拭きロボットは今まではアイロボット社製のものが主流でしたが、2019年1月からはパナソニック社からも販売され、選択肢も増えてきました。

床拭きロボットは、使い捨てシートと、洗って繰り返し使えるシートの両方が使えます。それぞれドライタイプとウエットタイプがあるので、乾拭き掃除と水拭き掃除の両方が可能です。床の汚れ具合によって、使い分けることができます。さらにワックスシートを使えば、ワックスがけもできてしまいます。これはかなり便利です。

床拭きロボットを使えば、楽に時短しながら、きれいな床を保てます。床掃除が面倒という方は、取り入れてみてはいかがでしょうか。

コードレス スティック掃除機

掃除機をかけるとひとことで言っても、実際には収納場所から掃除機を出し、プラグをコンセントに差し込み、キャニスター(掃除機本体部分)をゴロゴロ引きずりながら掃除機をかけ、部屋を移動するごとにプラグを差し替えて・・・と、何ステップもの手間がかかります。ついつい掃除機をかけるのが、おっくうになってしまいます。コードレススティック掃除機でしたら、取り回しも良く重量も軽いので、気がついた時にサッと手軽にかけられて、掃除機をかけるというハードルがグッと低くなりそうです

コードレススティック掃除機はキャニスター掃除機と比べると、吸引力はやや落ちます。でも最近はコードレス掃除機の吸引力も高くなってきて、メイン掃除機として使っても問題ないという方も多いようです。コードレススティック掃除機は持ち運びやすいので、使いたい時にすぐに使えたり、階段などでも楽にかけられるというメリットがあります。キャニスター掃除機と併用して、使い分けても良いでしょう。

コードレススティック掃除機は収納場所も取らないので、仕舞い込まずにすぐ使える場所に出しておいても邪魔になりません。インテリアに合わせたカラーを選べば、違和感なく置いておくことが出来ます。またノズルとヘッドを付け替えてハンディ型掃除機になるタイプも多く、棚やソファーの上などをサッと掃除したい時にも使えて便利です。

スチームクリーナー

キッチンの頑固な油汚れに困っている方には、スチームクリーナーをおすすめします。ガス台や魚焼きグリル、換気扇などにこびりついた汚れは、ゴシゴシこすってもなかなかきれいに落ちません。スチームクリーナーでしたら高温のスチームで汚れを浮き上がらせるので、油汚れもきれいに落ちます。キッチン以外にもお風呂掃除やトイレ掃除、布製のソファーやカーペットの掃除などにも使えます

キッチンなど身近なところに使いたい方はコンパクトなハンディタイプを、床などの広い範囲に使いたい方は、キャニスタータイプのスチームクリーナーを選ぶと良いでしょう。キャニスタータイプの方が噴射時間が長く、水のタンクはキャニスターに内蔵されているので持ち歩く必要がなく、楽に使用できます。