物を減らすと家事の負担が減る

はじめに

たくさんの物に囲まれた生活は、一見便利で豊かなようですが、実はそうではありません。様々な弊害をもたらすのです。最近は「余計な物を持たないシンプルな暮らし」が関心を集めていますが、それには理由があるのです。物を減らすことのメリットの1つに、「家事の負担を減らせる」ということがあります。物を減らすと、どうして家事の負担を減らせるのでしょうか。またどうやって物を減らしたら良いのか、不用品処分の仕方などについてもご紹介していきます。

もくじ

①物を減らすとなぜ家事の負担が減るのか

②物を減らした最適な状態とは

③物の減らし方

④不用品の処理の仕方

①物を減らすとなぜ家事の負担が減るのか

片付けに時間がかからない

物が多いと、部屋が散らかりやすくなります。それは、物が多過ぎて収納場所がきちんと決まっていなかったり、入りきらなかったりするからです。とりあえずのつもりで置いた物が増えていったり、物が多過ぎて仕舞う場所が無かったりすると、部屋はどんどん散らかっていきます。物が少なければ収納場所もきちんと確保出来て、「出したら仕舞う」の作業がスムーズに出来ます。片付けに時間がかかることもないですし、自然と散らかりにくい部屋になるのです。

探し物に時間を取られない

物が多過ぎて、いざ使おうと思った物が見つからず、思っていた以上に時間を取られてしまった・・・なんていう経験はありませんか。何がどこにあるかわからないというのは、物が多過ぎるからです。必要な物が必要な数だけがあれば、物の定位置を決めやすくなります。家族の誰でもわかるように定位置を決めておけば、探し物に時間を取られたり、「あれどこにあるの?」なんて聞かれることもなくなります。

家事が効率的に出来る

物が少なければ、家事をスムーズに効率的にすることが出来ます。例えばアイロンかけをする時、戸棚の前にある物をどけて扉を開け、手前にある物をどけて奥の方からアイロンを取り出し、物をどけて作業スペースを作り、そしてやっとアイロンかけが出来る・・・となったら、実際のアイロンかけ以外にも、余計な時間がたくさんかかってしまいますよね。物が少ない生活は、家事を効率的にスムーズに行うことが出来るのです

②物を減らした最適な状態とは

ただやみくもに物を減らしてしまうと、生活をしていく上で不便を感じることになってしまいます。必要な物を、必要な数だけ持つことが大切です。適量はその人によって違ってくると思いますが、「自分で管理が出来る量」「自分で把握出来る量」というのが目安になると思います。新しく物を買う時は、「以前使っていた物は捨てる」というルールを作るのも、物を増やさないコツです。また、新しく何かを購入する時は、最終的に捨てる時のことまで考えてみましょう。捨てる時の労力を考えると、むやみに物を買うこともなくなるはずです。

③物の減らし方

家の中の物を一気に処分しようとしても、時間的にも体力的にも無理があります。1日15分と時間を決めたり、1日10個捨てると数を決めたり、自分に合った方法で毎日少しずつでもコンスタントに捨てるのがコツです。家の中を見渡して、いらないものはどんどん処分していきましよう。

捨てるか取っておくかの判断基準は、人によっても変わってくるでしょう。1年使わなかったら捨てるなど、自分なりの捨てる基準を決めても良いでしょう。「いつか使うかも」と思って取っておいたけれど使っていない物、持っていることすら忘れていた物は、捨ててしまっても困ることはないでしょう。そしてあるものは仕舞い込まずに、どんどん使いましょう。大事に仕舞っておいても、使わなければないのと同じです。使ってこそ価値があるのです。

特に溜まりやすいのが衣類です。数が多過ぎると自分でも管理しきれずに、結局着るのは限られた何枚かだったりします。高かったからとか、まだ着るかも、痩せたら着ようなどと取って置いてそのままになっている服は、思い切って処分してしまいましょう。服にも旬があります。仕舞い込んでいた服は、着てもしっくりこなくて気分が上がらないはずです。シャツは○枚、やスカートは○枚、パンツは○本など、数を決めておくのも良いでしょう。

食品庫も物があふれやすい場所です。定期的に何があるか、賞味期限はいつまでか、チェックしておきましょう。洗剤やトイレットペーパーなどのストックも、いくつまでと数を決めておくとスッキリ保管できます。

④不用品の処理の仕方

不用品の処分の仕方には、いくつかの方法があります。それぞれに適した方法、自分に無理のない方法を選んでください。

人に譲る

いらない物は、欲しい人にあげるのも良い方法です。まだ使える物や小さくて着られなくなった子供服などは、捨てるにはもったいなくてためらってしまうこともあります。必要としている人に活用してもらえれば、嬉しいですよね。友人や知人に譲っても良いですし、ユーザー同士で不用品をあげたり貰ったり出来るサイトもあります。

寄付する

発展途上国や被災地、児童養護施設等に寄付をするのも、1つの方法です。衣類や靴、おもちゃ、ランドセル、文房具、家電などを寄付することが出来ます。不用品を回収して寄付を行っている団体がいくつかあるので、利用してみても良いでしょう。ただし、汚れているものや傷んでいるものを送るのはマナー違反です。

売る

せっかく不用品を処分するのなら、売ってお小遣い稼ぎをしたいという方もいるでしょう。中には、高値がつくお宝が眠っている可能性もあります。不用品を売る方法としては、以下のようなものがあります。

・リサイクルショップに持ち込む

・ネットの買取業者を利用する

・ネットオークションで売る

・フリーマーケットで売る

・フリマアプリで売る

・ガレージセールで売る

ネットオークションやフリーマーケット、フリマアプリ、ガレージセールは、出品したり、お店を出したり、購入者とのやり取りをしたり、発送したりといった手間がかかります。そういった手間が嫌ではない方には、良い方法でしょう。楽なのは、リサイクルショップに持ち込む、ネットの買取業者を利用するといった方法です。特にネットの買取業者の場合は、処分したいものを発送するだけです。荷物は自宅まで宅配業者が取りに来てくれるので、手間をかけたくない方にはおすすめです。

ゴミとして捨てる

使えない物、汚れている物、傷んでいる物、賞味期限が過ぎている食品などは、ゴミとして捨てます。一般ゴミか、資源ゴミになるのかは地域によって違うので、確認しましょう。売ったり、人に譲ったり、寄付をしたりするのは面倒、ハードルが高いという方は、いつかやろうと思っていて結局いつまでも片付かなくなる可能性があります。無理をせず、ゴミとして捨てる方法が良いかもしれません。