布団の宅配クリーニングの選び方

はじめに

布団は清潔にしていないと、ダニやカビが発生してしまうことがあります。人は寝ている間に、コップ1杯分の汗をかくと言われています。水分や皮脂、体温の影響で、布団はダニやカビが発生しやすい環境にあるのです。ダニやカビは、アレルギーやぜんそくの原因にもなります。シーツやカバー類の洗濯だけではなく、布団もクリーニングする必要があるのです

布団の宅配クリーニングを利用すれば、自宅から布団を発送するだけで、布団がきれいな状態になって戻ってきます。重い布団を持ち運ぶ必要もないですし、プロに任せれば失敗もありません。

布団の宅配クリーニング会社はたくさんあって、それぞれにサービスに特長があります。どこを選んだら良いのかは、自分がどのようなサービスを求めているかでも違ってきます。そこで、布団の宅配クリーニング会社を選ぶ時の、注意すべきポイントをまとめてみました。参考にして頂けましたら幸いです。

布団の宅配クリーニング ~選び方のポイント~

①料金設定はどうか

布団を宅配クリーニングに出す時に、まず気になるのは料金ではないでしょうか。あまり高いと、家計に響いてしまいますよね。家族がいて複数枚出す場合や、定期的に利用したいと考えているならば、料金はなるべく押さえたいものです。

布団クリーニングを無理なく利用するために、料金の負担は軽くしたいと考えているならば、各社の料金を比較してみましょう。また、布団クリーニングは1枚出すよりも複数枚出した方が、1枚当たりの料金は割安になっていきます。布団クリーニングを利用する際は、まとめて出した方がお得なのです。

布団クリーニングの料金をなるべく抑えたいと思っているあなたには・・・「ふとんリネット」がおすすめ

ふとんリネットは、業界の中でも低価格設定です。枚数が多くなるほど割安になるので、まとめて出すのが賢い利用の仕方です。

◎ふとんリネットの布団クリーニング料金

 1枚2枚3枚


(1枚当たり)
8,800円

(8,800円)
11,800円

(5,900円)
12,800円

(4,267円)

                       ※料金は税抜き価格です

②保管の有無

布団の収納場所に困っている方は多いと思います。特に羽毛布団などは場所をとりますよね。例えば4人家族でしたら、4人分の羽毛布団の収納となると、かなりのスペースが必要です。また1人暮らしの方でも、家の収納場所が少なくて、オフシーズンの布団を仕舞っておく場所がないという方もいるでしょう。

そんな方は、保管サービスのある布団クリーニングを利用しましょう。布団の収納分のスペースに他のものを収納することが出来るので、収納場所が有効活用出来ます。

布団の保管サービスを利用したいあなたには・・・「リナビス」がおすすめ

リナビスには、布団を9ヶ月間無料で保管してくれるサービスがあります。

③布団を洗う洗剤にこだわっているか

アトピー性皮膚炎や化学物質過敏症など肌の弱い方は、普段のお洗濯で使う洗剤にも気を配っていると思います。直接肌に触れる布団も、例外ではありませんね。肌の弱い方が布団クリーニングを利用する際は、使っている洗剤にこだわりを持っている会社を選びましょう。

アトピー性皮膚炎や化学物質過敏症など、肌の弱い方には・・・しももとクリーニングがおすすめ

しももとクリーニング、無添加せっけんで布団を丸洗いします。無添加せっけんは刺激が少なく肌に優しいので、肌が敏感な方にもおすすめです。

④防ダニ加工サービスがあるか

布団は、ダニが住みやすい環境にあります。寝ている間にかく汗や、皮脂、体から落ちる角質、体温などは、ダニが好む環境を作り出してしまいます。定期的に布団をクリーニングして清潔に保ことはもちろん、防ダニ加工をすれば、さらにダニの発生を抑えることが出来ます。ダニアレルギーなどがあってダニの発生を極力防ぎたいという方は、防ダニ加工をしてくれる布団クリーニングを選びましょう。

ダニの発生を防ぐために、布団の防ダニ加工をしたい方には・・・「ふとんリネット」がおすすめ

ふとんリネットは1枚当たり1000円で防ダニ加工をしてくれます。効果は、敷布団で1シーズン~半年ほど、羽毛掛布団などで約1年持続します。防ダニ加工は、「全ての布団のみ」「全ての毛布のみ」「全ての布団・毛布」といった注文の仕方になるので、ご注意ください。

⑤個別洗いをしているか

布団クリーニングを利用したいけれど、他の人の布団と一緒に洗われることに、抵抗を感じる方もいるかもしれません。そういった方は、完全個別洗いの宅配クリーニングを選びましょう。他の人の布団とは混ざらずに洗ってもらえるので、安心です。

他の人の布団と一緒に洗われるのはイヤというあなたには・・・「しももとクリーニング」がおすすめ

しももとクリーニングは、完全個別洗いで布団をクリーニングします。

⑥クリーニングを受けつけている布団サイズと追加料金の確認

布団の宅配クリーニング会社によって、クリーニングが出来る布団サイズは異なります。また、サイズによって、追加料金がかかる場合があります。ご自分が出したい布団のサイズを受けつけているか、追加料金はかかるのか、確認してみましょう。

「【布団の宅配クリーニング】おすすめランキングベスト3」でご紹介した3社で受け付けている布団サイズと追加料金は、以下のようになります。

◎ふとんリネット

クイーンサイズは1枚につきプラス500円(税抜)、キングサイズは1枚につきプラス1,000円(税抜)の追加料金がかかります。

◎リナビス

クイーンサイズ、キングサイズより大きい布団のクリーニングは出来ません。

◎しももとクリーニング

布団サイズに関係なく同一料金です。ただし、キングサイズ以上の布団はクリーニング出来ません。

⑦クリーニング出来るもの、出来ないものをチェックする

布団クリーニングに、布団以外のものを出したい方もいるでしょう。例えば、枕や電気毛布、こたつ布団、座布団などです。クリーニングが可能なものは、会社によって異なります。ご自分がクリーニングに出したいものを取り扱っているか、確認してみましょう。また、布団もサイズや素材、状態によって扱っていないものもありますから、それも確認しましょう。

当サイトおすすめ3社の取り扱い品、および除外品については、以下のようになっています。

◎ふとんリネット

マットレス、ムートン素材の寝具類、シルクが含まれている布団、本革使用の布団寝具類、電気毛布、ムアツ布団、低反発枕、そばがら枕などは取り扱っていません。また、汚れや臭いがあまりにも酷いもの、嘔吐物や排泄物が付いているもの、濡れているもの、破れや穴があいているものなども取り扱っていません。

クイーンサイズ、キングサイズは追加料金がかかりますが、クリーニング出来ます。クイーンサイズは1枚につきプラス500円(税抜)、キングサイズは1枚につきプラス1,000円(税抜)です。

◎リナビス

クイーンサイズ、キングサイズより大きい布団のクリーニングは出来ません。マットレス、ムートン素材のもの、本革使用の布団寝具類、汚れや臭いが酷いもの、濡れているもの、汚れや穴が開いているもの、ノンキルトのものは取り扱っていません。

座布団、電気毛布などは別途料金2,990円(税抜)が必要ですが、クリーニング出来ます。

◎しももとクリーニング

キングサイズ以上の布団は、取り扱っていません。ムアツ布団、そばがら・やしがら入りの枕、ウレタン・テンセル生地・絞り素材・縮み生地・天然染料使用のもの、破れがある羽毛布団などは取り扱っていません。

こたつ布団、ファートンなどの革製品、ペットの毛やおしっこが付いたものはクリーニング出来ます。

⑧レンタル布団があるか

布団をクリーニングに出したいのは、季節の変わり目だけではありません。そんな時は、布団をクリーニングに出している間の、替えの布団がないと困りますよね。布団の宅配クリーニングには、レンタル布団を用意している会社もあります。レンタル布団を利用すれば、予備の布団がなくても安心してクリーニングに出せますね。布団の替えがなくて困っている方は、レンタル布団がある宅配クリーニングを選びましょう。

布団をクリーニングに出している間、レンタル布団を利用したいあなたには・・・「しももとクリーニング」がおすすめ

しもとクリーニングには、レンタル布団付きの布団クリーニングがあります。レンタル布団は定期的に丸洗いと高温乾燥等を行っていて、清潔なものです。使用済みのものがそのまま届くということはありませんから、安心して利用出来ます。

まとめ

布団の宅配クリーニングの、選び方のポイントをご紹介しました。どのようなサービスを求めているかによって、選ぶ会社も違ってくると思います。ぜひ、あなたに合った会社を選んでください。

布団を清潔に保ことは、健康のためにも欠かせないことです。布団の宅配クリーニングを上手に利用して、布団を清潔に保ちましょう。

コチラの記事もどうぞ

◎「布団の宅配クリーニング」に関する記事

・【布団の宅配クリーニング】おすすめランキングベスト3

・【布団の宅配クリーニング】おすすめ3社のサービス比較表

◎「宅配クリーニング」に関する記事

・宅配クリーニングをおすすめする理由

・宅配クリーニング業者おすすめランキングベスト3

・【目的別】宅配クリーニング業者の選び方

・【宅配クリーニング】おすすめ3社のサービス比較表

・宅配クリーニングサービス利用の流れ