洗濯を時短するコツ

はじめに

洗濯の工程は、仕分け→洗う→干す→取り入れる→畳む→収納といくつもあり、手間がかかります。でもちょっとしたコツをつかめば、時短することも可能なのです。こちらのページでは、洗濯を時短するコツをご紹介します。

もくじ

①洗濯前の準備を時短するコツ

②洗濯物の洗いを時短するコツ

③洗濯物を干す時間を時短するコツ

④洗濯物の取り込みを時短するコツ

⑤洗濯物をたたんで収納する時短のコツ

①洗濯前の準備を時短するコツ

・各自が脱いだ時に衣類を洗濯ネットに入れる

デリケートな衣類や大切な衣類は、洗濯ネットに入れて洗った方が傷まずに長持ちします。でも洗濯前に衣類を分類して洗濯ネットに入れるのは、手間がかかります。洗濯をしようと思ったら、余計な手間なく、すぐに始められた方が楽です。洗濯ネットに入れて洗いたい衣類は、各自が脱いだ時にネットに入れておけば、洗濯前の手間を減らすことが出来ます。わかりやすい場所に洗濯ネットを用意しておき、家族にも協力してもらいましょう

・衣類はざっくり分ける

衣類を細かく分けて洗うのは、洗濯機を何回も回すことになって大変です。色物とそれ以外など、ざっくり分けて洗濯しましょう。デリケートなものは洗濯ネットに入れれば、他のものと一緒に洗っても大丈夫です。

・汚れには直接洗剤を

襟や袖の汚れ、食べこぼしなどを、洗濯前に部分洗いするのは手間がかかります。汚れの部分に直接洗剤をつけて洗濯機に入れれば、汚れが落ちやすくなります。また部分汚れ専用の、直接つける洗剤もありますから、そういったものを利用しても良いでしょう。

②洗濯物の洗いを時短するコツ

・洗濯機のスピードコースを使う

洗濯機はスピードコース、お急ぎコースなどの設定が選べるようになっています。衣類がひどく汚れていなければ、スピードコースで十分です。メーカーや機種にもよりますが、標準コースに比べて約半分の時間で洗い上がります。またスピードコースは、電気代や水道代の節約になるというメリットもあります。

・タイマーを使う

洗濯機には、タイマー機能が付いています。ライフスタイルに合わせて利用すると、とても便利です。例えば朝起きる時間や、お仕事から帰ってくる時間などに、洗濯が終わっているようにタイマーをセットしておくと、時間が有効活用できます。ただし住宅事情によっては、夜間や早朝など、時間帯に配慮する必要があるので気をつけて下さい。

・すすぎが1回の洗濯洗剤を使う

最近は泡切れが良く、すすぎが1回で済む洗濯洗剤が多く売られています。通常、すすぎが2回のところが1回で済むと、かなりの時短になります。

・ジェルボールタイプの洗濯洗剤を使う

ジェルボールタイプの洗剤は、いちいち計量する手間がいらないのがメリットです。洗濯前のひと手間がないので、ストレス軽減にもなります。

③洗濯物を干す時間を時短するコツ

・洗濯物は大きなカゴに入れ、干す場所までの移動を1回で済ます

洗濯機と干し場を、何回も移動するのは大変です。洗濯が終わった衣類は大きなカゴに入れて、移動は1回で済ませましょう。ハンガーや角ハンガー洗濯バサミも、別の場所に取りに行く必要のないように、干し場の近くに収納しておきましょう。

・かがむ必要のないように、カゴを台の上に乗せる

洗濯物を干す時に、いちいちかがんでカゴから取り出すのは、時間もかかりますし、腰など体の負担にもなります。カゴを台の上に置けば、体勢を変えずに楽に干すことが出来て、時短にもなります

・靴下は1つの洗濯ネットに入れておく

バラバラになった靴下を探し出して干すのは、面倒です。靴下はまとめて洗濯ネットに入れて洗うと、干す時に楽です。

・風が通るように干す

洗濯物を早く乾かすためには、風通りを良くする必要があります。洗濯物は、間隔をあけて干すようにします。

・アーチ干しする

角ハンガーを使う時は、外側に長い衣類を、内側に短い衣類を下げ、アーチ型に干すと早く乾きます。外側に厚い衣類、内側に薄い衣類を下げると、なお良いでしょう。

・ポケットのあるズボンなどは、裏返して筒状に干す

ズボンポケットの袋部分が内側に隠れていると、乾きにくくなります。ズボンは裏返して筒状に干すと、早く乾きます。

・シャツは襟を立てて干す

Yシャツなどのシャツ類の襟は、布が重ねてあるため、乾きにくいものです。シャツを干す時は、襟を立てて干すと乾きやすくなります。

・シーツやバスタオルは、物干し竿にハンガーを掛けて、その上から干す

シーツやバスタオルなどは、物干し竿にそのまま干すと、重なって乾きが遅くなります。物干し竿にハンガーを掛けてその上から干すと、空間が出来て風が通りやすくなります。

④洗濯物の取り込みを時短するコツ

・カゴを台の上に乗せ、かがまずに取り込む

干す時と同じように、カゴを台の上に乗せてかがまずに取り込みます。時短にもなり、体への負担も軽減されます。

・種類別に取り込む

衣類は種類別に取り込み、カゴに入れていきます。畳んだり収納する時の作業を、スムーズにするためです。

⑤洗濯物をたたんで収納する時短のコツ

・ハンガーのまま収納する

シャツ類は、干す時と収納する時のハンガーを同じものにすると便利です。取り入れた後は、ハンガーのまま収納します。

・シーツやバスタオルなどは、取り入れる時に畳む

シーツやバスタオルなど大きなものは、取り入れる時に畳みながらカゴに入れていきます。取り込みと畳むのを一緒に行うことで、時短になります。

コチラの記事もどうぞ

◎「宅配クリーニング」に関する記事

・宅配クリーニングをおすすめする理由

・宅配クリーニング業者おすすめランキングベスト3

・【目的別】宅配クリーニング業者の選び方

・【宅配クリーニング】おすすめ3社のサービス比較表

・宅配クリーニングサービスご利用の流れ

◎「布団の宅配クリーニング」に関する記事

・【布団の宅配クリーニング】おすすめランキングベスト3