腎臓病の食事宅配・宅配弁当なら【食宅便(食卓便)】がおすすめ

はじめに

腎臓病の人は症状を悪化させないために、食事に気を配る必要があります。でも、毎日の食事を全て自宅で作ったり、管理したりするのは大変ですよね。まして、他の家族とは別のメニューを作るとなると、料理をする人の負担はとても大きくなります。

腎臓病の方が食事療法を無理なく続けるためには、工夫が必要です。そこでおすすめしたいのが、食事宅配・宅配弁当を利用することです。献立を考えたり料理をしたりする手間が省けて家事の時短が出来るだけでなく、管理栄養士によってしっかりと栄養価計算されたお弁当を食べることによって、体調管理もスムーズになります。

こちらのページでは、腎臓病の人が食事宅配・宅配弁当サービスを選ぶポイントや、おすすめの「食卓便」のご紹介、腎臓病の人の食事の注意点などをお伝えしていきます。

①腎臓病とは

腎臓は、背中側の腰上の左右に1個ずつある、ソラマメ型の臓器です。体内の老廃物を尿として出したり、体の中の水分量や血圧を調節したり、赤血球を作るホルモンや、カルシウムの吸収を助けるホルモンを作ったりします。

腎臓病になると、老廃物を尿として排泄出来なくなってしまいます。初期段階では自覚症状は殆どありませんが、症状が進んでくると、むくみや血尿、タンパク尿が出たり、血圧が上がったりします。その他にも、貧血やだるさなど様々な症状が出ます。病状が悪化して腎臓の働きが不十分になると、尿毒症を引き起こしてしまいます。この場合は、透析が必要になることもあります。

②腎臓病の人の食事の注意点

腎臓病の人は、腎臓の負担を減らして病気の進行を抑えるために、食事に気を配る必要があります。腎臓病の人の基本的な食事の注意点は、塩分とたんぱく質を控えることと、必要なエネルギーをきちんと摂ることです。

腎臓病の人の食事療法については、それぞれの症状によっても変わってきます。自分で勝手に判断せずに、医師や管理栄養士の指導に従って、正しく進めていくことが大切です。

③腎臓病の人が食事宅配・宅配弁当サービスを選ぶポイント

腎臓病の人の食事は、基本的には塩分とたんぱく質を控える必要があります(※医師や管理栄養士の指導に従ってください)。そのため、食事宅配・宅配弁当サービスを選ぶ際には、塩分制限食や、たんぱく質制限食があるかを確認する必要があります。長く続けるためには、購入しやすい価格であること、メニューが豊富で飽きないことなども、選ぶポイントになります。また、自分のペースで利用しやすいことも大切です。単発購入、定期購入が出来るか、などもチェックしましょう。

④腎臓病の人におすすめ【食宅便(食卓便)】

腎臓病で食事療法が必要な方におすすめしたいのは、食宅便(食卓便)のお弁当です。食宅便のおすすめポイントをまとめてみました。

◎塩分制限食、たんぱく質制限食がある

食宅便には、塩分ケアシリーズと、たんぱくケアシリーズのお弁当があります。塩分ケアのお弁当は、1食あたりの塩分が2.0g以下に抑えられています。また、たんぱくケアのお弁当は、1食あたりのたんぱく質量が13g程度、塩分2.0g以下、カリウム500㎎以下、リン270mg以下に抑えられています(ご飯150gを一緒に食べた場合)。医師や管理栄養士の指導に従い、病状に合わせたお弁当を選ぶことよって、食事の管理がしやすくなります。

◎メニューが豊富

食宅便のお弁当は、メニューがとても豊富です。塩分ケアも、たんぱくケアも、1セットが7食分になりますが、AコースからGコースまで、7コースもあるのです。とにかくメニューが豊富なので、毎日食べても飽きが来ません。おかずも5品と豊富ですし、肉や魚、和洋中とバラエティーに富んでいるので、楽しみながら食べることが出来ます。

◎購入しやすい価格

食宅便のお弁当は、塩分ケアも、たんぱくケアも、7食1セットで4,019円(税抜)です。1食あたり574円(税抜)という価格は、他社と比べてもお安い価格です。制限食は特に価格が高くなりやすいですから、この価格は嬉しいですね。

◎レンジで温めるだけで、すぐに食卓に出せる

食宅便のお弁当は、使い捨てトレイに入った冷凍状態です。お弁当型のトレイなので、レンジにかけたあとそのまま食卓に出せば良いので、とても簡単です。食器類の洗い物が出ないことも、家事の時短に繋がります。

◎栄養バランス、安全性もバッチリ

食卓便は、日清医療食品株式会社が運営しています。全国の病院や介護施設、保育施設等へ給食の受託業務している会社で、安全性にもこだわっています。9000人以上の管理栄養士と栄養士が所属していて、栄養バランスや塩分、たんぱく質量をきちんと計算して献立を立てています。

◎単発購入、定期購入が出来る

食宅便のお弁当は、単発購入が可能です。定期的に利用したい方は、「らくらく定期便」を利用すれば、注文の手間や注文忘れも防げますし、ポイントも2倍付くのでおすすめです。定期便のサイクルは、毎週・隔週・月イチの中から選べます。旅行などで留守にする場合や、お弁当が溜まってしまった場合などは、「スキップ機能(1回休み)」を利用すれば対応できるので安心です。

おわりに

腎臓病の人に対応した食事を、毎日自宅で用意するのは大変です。治療食は続けなければ意味がありませんから、食事宅配・宅配弁当サービスを上手に利用しながら、無理をせずに続けていけると良いですね。

腎臓病の人の食事宅配・宅配弁当サービスの選び方や、おすすめの食宅便(食卓便)についてまとめてみました。参考になりましたら、幸いです。

食事宅配・弁当宅配サービス」その他のページを見る

・食事宅配・弁当宅配ってどんなサービス?

・食事宅配・弁当宅配サービスの選び方

・食事宅配・弁当宅配のおすすめランキング ベスト3

・食事宅配・弁当宅配のサービス比較表

・目的別おすすめ食事宅配・弁当宅配

・食事宅配・弁当宅配が向いている人・向いていない人

・食宅便(食卓便)がイチオシ☆妊娠中におすすめの食事宅配・宅配弁当

・【食宅便(食卓便)】が便利!産後ママにおすすめの食事宅配・宅配弁当